東方ネットは、上海精文投資有限公司、上海文化テレビ放送集団、上海文広ニュースメディア集団、上海東方明珠(集団)有限公司、上海情報投資有限公司、文滙新民聯合報業集団、解放日報報業集団、上海教育テレビ、労働報社、青年報社の提携で設立された特色ある大型総合ウェブサイトである。

  東方ネットは2000年5月8日に開通した。現在、東方ネットには、新聞社1社(城市導報)、持株会社と資本参加会社16社(東方インターネットカフェ、東方デジタルコミュニティー、東方怡動、東方網誠、東方誠心など)が参加している。

  東方ネットは、3カ国語、80のチャンネル、1日当たり200万人以上のユーザー、1日当たり4000万以上のアクセス(PV)があり、また1000以上のネット技術を駆使して、上海の1000以上の事業体及び中国上海市政府のネットワーク、万博政府広報ネットワークなどの重要プロジェクトにネットプラットフォームサービスを提供している。

  東方ネットは、「上海のメディア情報空母」及び「上海流情報検索ゲットウェー」を基礎に、「権威があり、スピーディで、実用的、トレンドに合い、親切で、連携した」ブランド像を作り上げるため努力している。一方、ネットワークを通じてニュースや情報を獲得する上海市民のトップウェブサイト、さらには国内外のネットユーザーが上海のニュースや情報を知ることができるトップウェブサイトにするため日々頑張っている。

  東方ネットは、ネットワークの相互連携業務を積極的に開拓し、ウェブサイトを多機能、知能化された社会ネットワーク、コミュニティーネットワーク、デジタルガーデン、シティー365プラットフォーム及び携帯端末と結び付け、ネット文化とネット経済情報の商品チェーンを形成している。

  東方ネットの目標は、「ネットワークの権威あるゲイトウェイを作り、新しいメディアネットワークを打ち立てる」ことであり、究極的には、東方ネットを「上海に立脚し、全国に影響を及ぼし、世界一流」の著名なウェブサイトにしていくことである。

 
 
东方网版权所有,未经授权禁止复制或建立镜像